ロードバイクに乗るとそのスピード感や軽量の為に多少の坂であってもぐんぐん登れてしまいますが、初心者の方に特に注意していただきたいのが転倒による怪我となります。


1,ロードバイクの特徴

ロードバイクはその特性から非常に不安定な乗り物であり、慣れるまではふらつきなどが起きてしまったりして非常に危険な要素があります。

その為に初心者こそしっかりとロードバイクを練習から乗り込んで行き、バイクコントロール技術を上達させていく必要があります。





1.タイヤの適正な空気圧とグリップ

その他にロードバイクのタイヤは非常に高圧の空気を入れますので、初心者の方は特に地面からの跳ね上がりによりバランスを崩してしまい転倒してしまう恐れもあります。

ロードバイクの特徴により空気圧を調整していく必要があります。

また、グリップが欲しい場合はタイヤの幅が広いものを選択することやグリップが高いタイプのタイヤを選ぶなどの工夫が必要になります。


2.集団走行と転倒

また、ロードバイク初心者の方がレースなどで集団走行する際は、周囲の方と接触して転倒してしまうことも多々ありますので前方の方とは車輪1本分は離れて走行する必要があります。

この車輪1本分の距離ですと接触の危険性も低くて、前の方が風除けになってくれますので後方の人は体力を温存していくことができます。


1.レースなどで集団走行する際の注意点

ロードバイク初心者の方にはレースで自身の力を試してみようと考える方も多いのではないでしょうか。

レース時の集団走行の際に転倒を避ける為には集団走行の練習を重ねて技術を上達させていくことが転倒を防ぐ為には重要です。

その際に意識することとしては斜行は避けるようにすることや前方の方と近づきすぎない事などが非常に大切になります。

また、転倒が多いのがカーブの際で、減速が足りずにコーナーの中でスリップして転倒してしまうケースが非常に多いです。

対策としてはコーナー進入前にカーブの角度をイメージした上で、重心を低くすることを意識してバイクをなるべく倒すようにするとスムーズなコーナリングに繋がりますので転倒を予防することが出来ます。

また、スローインファストアウトを心がけて十分に減速した上でコーナーを対処してから立ち上がりにかけて加速していくことが理想的となります。

その他には公道を走る際はコーナーでの砂にも気をつける必要がありますので、路面状況の把握は安全な走行の為には非常に重要となります。

このようにロードバイク初心者の方が転倒を予防hしていく為には基本的な注意点を意識して走行していき、乗車技術を上達させていく事が必要です。

また、万が一転倒してしまった場合に大きな怪我を避ける為にもヘルメットの着用は必ず忘れないようにしていく事が重要です。

ヘルメットをかぶる際はあごひもの調節も非常に重要ですので、紐が肌にくっついてヘルメットを持ち上げても頭から離れないような長さする必要があります。