春から夏になってくると、ジャージも薄手になりロードバイクの季節真っ只中となります。真夏でもロングライドに出かけるライダーも多いんではないでしょうか。

ただし、真夏のロングライドは気をつけないと熱中症という恐ろしい症状が待っているのです。ちゃんと対策をして真夏のロードバイクライフを楽しみましょう。

真夏には絶対とも言えますが、ダブルボトル体制にしましょう。ロングライドだろうが、上達していない初心者だろうが関係ありません。




スポーツドリンクを入れたボトルと、水を入れたボトルにします。水をいれたボトルは飲む用と、身体へかけて冷やすのを兼ねています。

基本、飲むのはスポーツドリンクの方で、真水はたまに口直しぐらいで口付けるぐらいです。

スポーツドリンクが空になったら、真水でしのぎながらコンビニや自販機をさがして速やかにスポーツドリンクを追加するようにしてます。

ダブルボトルにしたおかげで、ロードバイクのフレームにはツールボトルをつけられなくなります。そういうときは、背中のポケットに入れましょう。

ジャージのポケットは、思ったより広がるので入りますよ。


水をかける場所

一番よくかけるのは頭です。暑さで頭がボーっとしたら、ヘルメットの上からかけてます。

次に首筋でこれ気持ちよくておすすめです。あとは内もももいいですね。

ここが一番ひんやり感が長持ちしますね。水をかけるのが上達してくると、ロードバイクのフレームやパーツにあまり、かからないようになります。


真夏のボトルの選び方

水分補給時に少しでも冷えた状態で飲みたいので、ボトルはもちろん保冷ボトルを使ってます。最近よく使ってるのはキャメルバックポディウムチルジャケットボトルです。

このキャメルバックは、金属幕で覆われていて、真夏でも3〜4時間くらいは氷が解けないくらいの温度を保てます。普通のボトルだと、30分もしないうちにホットの飲み物になってしまいます。

あと真夏日の紫外線も意外と身体への疲労は高まります。日焼け止めを塗った後に、UVカットのアームカバーをすると意外に涼しいですよ。


日差しを避けろ

これらを守ったうえで、できるだけ太陽を避けるような走り方をすると熱中症もだいぶ防げます。例えば日差しが一番キツイ13時ころまで走らないとか、早朝に走るなどです。

日差しも少なく気温も日中より低いのでかなり涼しいです。

私も7月に入ってから平日のトレーニングライドを朝5時半からに変更してます。帰宅する7時半ぐらいには暑くなってきてますが、自宅からでるときは気持ちよく出発できてます。

なんにしても夏は一年で一番危険な時期ですからできるだけの対策をしてロードバイクを楽しみたいですね。