女性に限らず男性にもロードバイクダイエットはおすすめです。世の中にはサプリやエステなどダイエット関連は溢れています。

器具を購入してのダイエットは、購入当初は割と盛り上がりますが、結局は単調な動作を独りで黙々とやらなければいけないのが辛いですね。

サプリ等で行うダイエットは、実はそれ単体では有り得ませんし、逆に「飲むだけ」「食べるだけ」でホントに効果のあるものは、必ずカラダの生理バランスを崩すモノです。
だって不自然ですよね?「飲むだけ」で痩せてゆくなんて

エステサロンやフィットネススタジオでのダイエットは効果は素晴らしけれども、とってもお金と時間が掛ります。





おすすめダイエット

「ロードバイクダイエット」と云っても、ロードバイクを使って何か特別な事をするわけではありません。基本、ロードバイクを利用する習慣をつけるだけなのですが、乗り方にちょっとしたコツがあるんです。

3年ほど前に始めたロードバイク通勤で90kgあった体重が2年弱で標準の75kgまで落ちて、今もこの体重をキープしています。

ロードバイクダイエットにはいろんな利点がありますので、以下に記します。


1.特別なスキルは不要

たいがいのヒトならロードバイクに乗れますよね。「私、ロードバイク絶対ムリ」って場合は、ハイきっぱりあきらめてください。


2.毎日の継続が簡単

ダイエットをするうえで重要なのはいかに継続するかですよね。通勤・通学の手段とか、いつもの買い物の移動手段にロードバイクを用いれば余程のことが無い限り継続できますよね。


3.消費カロリーが高い

主に使用する筋肉がお尻から下の大きな筋肉。その量はカラダ全体の筋肉の70%!大きな筋肉を使えばカロリーも消費しやすいんです。

いわゆる「下半身デブ」にも直に効果が出ます。


4.普段運動してなくても、ダメージが少ない

初日からしゃかりきになって漕ぎまくったら別ですが、普通に走ってるぶんには筋肉を痛める事はありません。


5.ロードバイク通勤すれば、通勤費が浮く

勤務地までかなりの距離がある場合は、たとえば5つ先の駅までロードバイクってことにしたって良いんです。


3つのコツ

「ロードバイク通学してるけど、全然痩せないし・・・」という意見もあるでしょう。実はちょっとしたコツがあるんです。

これを覚えて実践するだけで、ただの移動手段がダイエットに有効な有酸素運動に変わるんです。


ペダルと足の位置

ペダルの位置は、親指のつけ根がペダルの真ん中にくるところが理想です。親指のつけ根にある骨のふくらみをペダルの中心に当てて、つま先でこぐイメージです。

ロードバイクのペダルを時計の針にみたてると、2時~4時の間で力を入れて、その後は力を抜くのが美脚の秘訣です。

文章にすると面倒なようですが、やってみると意外と簡単で、プヨプヨふくらはぎを直撃しますよ。


足首はしっかり固定

こねるように足首を動かしても、ただ疲れるだけ、足首を痛める可能性さえあります。すこし動いてしまう分にはかまいませんが、なるべく足首は固定させるように意識してみてください。


頑張りすぎない

これが一番重要です。

頑張ってチカラいっぱい漕ぎまくっても、無酸素運動になって、太モモ中心に筋肉がつくだけです。

「ちょっと負担がかかってるかな?」「走っていて爽快だなぁ」って感じを30分~1時間半くらい続けるのが理想です。

ママチャリでもいいのですが、ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツサイクルを購入することをおすすめします。楽に走れるので、自然と距離も増えるし乗ることが楽しくなってきますよ。