ロードバイクに乗り出すと、夏場だろうが冬だろうが関係なくトレーニングを始めると思います。これからの季節熱中症の恐れがあるので、夏場のトレーニングで注意したいポイントを紹介したいと思います。


ボトルは2本

夏場は特に、スポーツドリンクを入れたボトルと、真水をいれたボトルのダブルボトルにして走ってます。真水をいれたボトルは、身体への掛水と予備水分を兼ねてます。

基本、飲むのはスポーツドリンクの方で、真水はたまに口直しぐらいで口付けるぐらいです。スポーツドリンクが空になったら、真水でしのぎながらコンビニや自販機をさがして速やかにスポーツドリンクを追加するようにしてます。





水を積極的にかけよう

トレーニングの最中に一番よくかけるのは頭です。夏場は暑さで頭がボーっとしたら、ヘルメットの上からかけてます。

実際に上達した選手を見てみると、頻繁に水を体にかけています。間違えてもスポーツドリンクをかけないでくださいね。

ロードバイクや自分もドロドロになりますから。

次に首筋。これ気持ちよくておすすめです。

あとは内もももいいですね。ここが一番ひんやり感が長持ちしますね。


保冷ボトルは必需品

水分補給時に少しでも冷えた状態で飲みたいので、ボトルはもちろん保冷ボトルを使ってます。最近よく使ってるのはキャメルバックポディウムチルジャケットボトルと、エリートのナノゲル保冷ボトルです。

ボトル単独での使い勝手はキャメルバックが非常に使いやすくて気にいってるんですが、私の使ってるボトルケージとの相性がイマイチで、ボトルケージから取り出すときにちょっとだけ力いるんです。

ボトルケージへの出し入れはエリートのボトルの方がスムーズにできるため、ついこっちをメインにしちゃってます(ただエリートのナノゲルボトルは本体が硬いので疲れてくるとギュッと握るのがだんだんイヤになってきます。

出し入れしやすいボトルケージがあれば断然キャメルバックのボトルがおすすめです。


日焼け対策

直射日光から身体をまもるために日焼け対策も有効ですよね。私の場合、アームカバーとスポーツバルムを併用してます。

UVカットアームカバーの一番の良さは汗でながれないところですね。走ってるときに風をあびる爽快感がちょっと減るのが残念なんですけどね。

効果がどのぐらい続いてるのかはわからないですが、部屋の中から外の暑さに飛び出したときに体感する暑さが若干やわらぐのが気にいってます。


太陽を避ける

きびしい夏の直射日光をあびると辛いんだから、できるだけ太陽を避けるというのも一つの手ですよね。

たとえば早朝に走る。まだ太陽も低くて日陰もおおめです。気温も日中と比べて全然涼しい。私も7月に入ってから平日のトレーニングライドを朝5時半からに変更してます。

帰宅する7時半ぐらいには暑くなってきてますが、自宅からでるときは気持ちよく出発できてます。

なんにしても夏は一年で一番危険な時期ですから、できるだけの対策をしてロードバイクを楽しみたいですね。上達するには水分補給が大事です。