ロードバイクを速く走らせようと考えた場合にペダリングは非常に密接な関係にありますので、より効率的に最大限の力を発揮することが求められます。

最大限の力を発揮するためにはペダルを踏む足裏の中でも最も力を発揮できる位置にクリートを設定する必要がありますが、その際に意識していきたのが拇指球となります。


1.拇指球とピンディングペダル

ロードバイクに乗っているとピンディングペダルの使用率が高くなってきますが、このペダルの力を最大限に発揮するためには適切な位置に合わせる必要が出てきます。




その際に気をつけていきたのが拇指球付近にクリートを合わせて、ペダルの軸をしっかりとペダリングできるように調整することです。


1.拇指球を意識したセッティング

その際に気をつけていきたいのが実際に肩幅くらいに足を広げてから、体重をかけてみたときにどの位置に体重が乗っているのかを確認することです。

この調整を確実に行うことで足の力以外にも体重も効果的に利用した効率の良いペダリングに向けた準備を進めていくことが出来ます。


2.様々なペダリングを身につけることが上達の秘訣

ロードバイクのペダリングを考えた場合、爆発力に長けた太ももの表側にあたる大腿四頭筋と持久力に長けた裏側にあたるハムストリングでは特徴が大きく異なります。

上手にペダリングによって使い分けて、あらゆる状況に対応しつつ疲労が限度を超えないように工夫していく必要があります。

特に長距離を速いスピードで走っていくためにはハムストリングを有効に使用したペダリングを練習によって上達させていくことが必要になります。

その際に意識していきたのが一番力を発揮することに長けた拇指球に体重をしっかりとのせてペダリングを行うことで、これらが上手くいっていると踵が下がらずに上がっていきますのでその点についても意識してペダリングの練習に取り組むと上達がスムーズになります。


1.ペダリングの上達のために

このようにペダリングのコツを意識して練習を重ねていくことが大切になってきますが、並行して進めていきたいのが客観的に自身のペダリングを振り返ることです。

これは、ロードバイクで必死に練習を行っていると強度に耐えることを意識するあまりにバランスの悪いペダリングを身につけてしまう場合も多々あります。

そこで、非効率的なペダリングが一度身についてしまうと修正が非常に難しく上達の妨げになってしまうためです。

そこで、理想的なのはビデオで自身のペダリングを確認することや周囲にロードバイクの技術に詳しい
人がある場合は実際に見てもらいアドバイスを受けると、わからなかったことが具体的にどうしたら良いのか大きなヒントになる場合はが多いのでおすすめです。