ロードバイクに慣れてきたあなた。練習メニューもこなせるようになり、体力も付いてライドが楽しくなってきているのでは。ですが正しい乗り方や姿勢は理解していますか?姿勢が悪いとせっかくのロードバイクの良さも半減。ここでは正しい乗り方や姿勢をご紹介します。


1.乗る時の姿勢

一般的に正しい姿勢と言われるのは
・腕と上半身の角度が90度前後
・腕は伸ばしすぎず余裕がある事。軽く曲がるのが理想
・上半身は楽に姿勢を伸ばす。腰が曲がりすぎても反りすぎてもNG
・サドルの高さは、ペダルに足を置き、一番下までおろした時に軽く曲がる位置

が正しい乗り方なんだそうです。




これらを満たすために、それぞれチェックしていきましょう。


2.これが重要、ポジションセッティング

上記のように正しい乗り方、姿勢を出すには、ペダル、サドル、ハンドルのバランスが大事。

ではこれらを微調整しながら効率よくライドするには、どうすればいいでしょうか。

ざっくり書くと、サドルは高い位置、ハンドルは狭く遠く低い位置にします。

そうする事でより速くより前傾姿勢の乗り方になりますので、空気抵抗の少ない状態での走行が可能になりますし、効率よく長距離を走る事ができるようになります。


1.ポジション決め・サドルの高さ

サドルの高さの決め方ですが、サドルに腰掛けペダルにかかとを置き、かかとを置いたまま一番下まで下げます。

その時に足が伸びた状態が最適な高さと言われていますので、その位置に合わせます。


2.ポジション決め・ハンドルの位置

ロードバイクでは、六角レンチなどを使いハンドルの位置も変える事ができます。

上半身と腕の角度が90度前後、腕が伸びすぎず曲がりすぎない位置になるよう、ステムやハンドルの角度を変えてみましょう。

尚サドルも前後に動かす事ができますので、ハンドルの位置調整だけで上手くいかない時は、サドルも前後にしてみましょう。

もし位置に不安がある、どうもしっくりこない時は、自転車屋さんなどでポジションセッティングをしてもらうと安心ですね。

セッティングができたら乗ってみて、無理なく楽ちんならひとまず合格。

できれば距離を走ってみて、それでも無理がない、疲れにくいか確かめられれば完璧です。


3.正しい位置で乗ってみよう

正しいポジションが決まれば、実際に乗って確かめてみましょう。
今までの練習メニューをこなしてみてもいいですね。

ところで正しい乗り方は理解していますか?

まず足を上げトップチューブにまたぎ(引っ掛けて転ばないように)、右足にペダルを乗せます。

サドル位置が高いはずですのでこのままでは腰掛けられません。

ですので、右ペダルに体重をかけて回し、走行しだしたらサドルに腰掛けます。

これがロードバイクのスムーズな乗り方。

慣れるまで自分なりの練習メニューを作成して、どんどん練習してみましょう。

姿勢と乗り方がきちんと決まるようになれば、ライドも速く遠くが可能になりますので、何度も練習してすんなり乗れるように頑張ってみましょう。

これでロードバイクがどんどん楽しくなりますよ!