ロードバイクのトレーニングについて考えていく場合に練習を行った後は、しっかりと栄養補給をおこなってからしっかりと睡眠と休息を取ってから次のトレーニングに望むようなサイクルを作っていく必要があります。

このサイクルを実行することで、練習前の体よりも更に強くなろうとする超回復がおきますので、このサイクルを確実に守ることはロードバイクのスキルを上達させる上で非常に大切になります。





1.練習計画を立てよう

ロードバイクで練習を通して強くなっていくには、まずはどのような能力を伸ばしていきたいのかを考えて、しっかりとした計画を立てた上でトレーニングに望む必要があります。

例えば、長距離を走り切る能力と短時間をより速いスピードで走り抜ける事のどちらの能力を伸ばすために練習に取り組むのかといった目的によって練習内容は大きく変わっていきます。


1.身体に必要な刺激を与える

これらの目的をはっきりとした上で練習に取り組む事で必要な刺激が身体に与えられる事になり、筋肉はミクロレベルで損傷を受けます。

練習では確実に自分の限界があり、一定以上の負荷を超えると体は再び同じレベルの負荷がかかった場合に対抗できるようにとより強い筋力を作ろうとします。

そのため、その超回復を意識したトレーニングを適切なタイミングで行う事が上達を目指す上では非常に大切になります。


2.回復も重要な練習

練習によってダメージを受けた筋肉を超回復させなければ、以前より強くなるどころか弱体かしてしまう場合もあり、これをオーバートレーニングと呼びます。

オーバートレーニングは上達を妨げるだけでなく怪我の原因となる場合も多いので非常に注意が必要になります。

練習後はしっかりとたんぱく質などを速やかにとって回復に努める事が重要です。

また、睡眠は筋肉の修復に必要ですのでトレーニング後の夜はしっかりと睡眠を取る事が必要です。


1.様々なリカバリーの方法

トレーニングを行った後に確実な栄養補給を行い睡眠を取った後は筋肉の回復を待つ時期に入りますが、静養を中心としたリカバリーに対して、ロードバイクの場合はアクティブリカバリーが有効と言われていて、回復期間中に軽度な運動を行う事で筋肉内の疲労物資を血液を循環させる事で体外に排出するように促すリカバリー方法となります。

このように、ロードバイクの実力を高めていくためには、超回復のサイクルを意識したトレーニングを週間単位で考えて実行する必要があります。

筋力の回復にはプロテインやサプリメントなどの補助食品も多く用意されていますので、食事に加えてこれらを組み合わせていくことは効率的な超回復には欠かせません。

また、超回復を有効に利用することでトレーニングの刺激に費やす時間が同じであっても、その後の回復の段階で差が出るようです。

そのまま実力差となって返ってくる事も考えられますので注意が必要です。