ロードバイクのスキルを高めて実力をあげていこうと考えていった場合に超回復を利用してトレーニングを計画していく事は強化を考えた場合に非常に重要になります。

しかし、多くのロードバイク愛好者は平日に多くの時間を取る事が困難な場合が多く手軽にトレーニングできる手段を求められています。

また、地域によっては冬季は積雪で外を走れないなど室内でのトレーニングを中心としている方も多いと思いますので、そこでおすすめなのがスピンバイクを利用したトレーニングになります。





1.スピンバイクのメリット

スピンバイクの特徴としてはいつでも気軽にトレーニングが出来るということです。

ペダルを回すという基本動作はロードバイクと変わりませんので、ロードバイクトレーニングとしても非常に有効です。

また、実走と違って信号で停車することもありませんので、時間を目安に行うトレーニングなどは非常に向いていて練習効果を高めることも期待できますので上達に効果的です。


1.有酸素運動にも向いている

また、ノンストップでペダルを回すことが出来るということで有酸素運動などのトレーニングや減量にも非常に向いています。

また、負荷の調整も可能ですのでトレーニング内容に幅を持たせることも可能になります。


2.ロードバイクで速くなるために

ロードバイクで練習を通した上達や強化を目指していくと、ある一定の速度や強度で身体が負荷に耐えられなくなってしまう境を感じることになると思います。

これは人間は有酸素運動を行っているうちは楽に運動を続けていけます。

徐々に強度が上がっていくとエネルギー源が脂肪などを中心として使っていましたが、エネルギーの供給が間に合わなくなり、糖質へとエネルギー源を変えてしまいます。

そのため糖は、短時間高強度のエネルギー補給には長けていますが持久力には乏ので瞬く間にエネルギーが枯渇してしまいます。

そこで、このエネルギーの変換点となる乳酸闘値と呼ばれるltの領域をより高いレベルに上達させていくことがロードバイクの実力を高めていくためには欠かせません。


1. スピンバイクでおすすめのトレーニング内容

スピンバイクの特徴を活かした練習メニューとしてはltインターバル走や短時間高強度の1分走など、定められた時間を目標強度を維持しながら走るといったトレーニングが向いています。

特にスピンバイクは騒音も大きくはなく、強度も十分なので様々なトレーニングを行うことが可能になります。

このように、スピンバイクを使用して一定時間を目標とする強度で走るトレーニングはロードバイクの実力を高めていくには非常に有効になりますので、平日や悪天候など実走でのトレーニング実施が困難な場面でも活躍します。