ロードバイク初心者が練習によってライディング技術の向上を目標とした場合、長距離を乗り込むことは非常に重要なトレーニングとなりますのでポタリングは有効な練習手段となります。

そこで、ポタリングを楽しむ際のコース選択や安全に走る為の注意点について紹介していきたいと思います。


1,ロードバイク初心者がポタリングを楽しむ為に

ロードバイクはとても走りやすく、移動できる距離も飛躍的に伸びる為に様々な場所へのんびりと走っていくポタリングはとても魅力的なものとなっていきます。




そこで注意したいのがコースの選択になり、交通量の多い道路は事故のリスクも高まってしまうので、なるべく避けたいルートとなりますので事前の下調べはポタリングを充実したものとする為には必須の準備となります。

また、可能ならば事前に獲得標高などを調べておくと初心者にとって体力の消耗が激しい登り区間の負荷を調整することができますので、無理なく楽しく走る為には必要です。


1.目的地のリサーチが大切

また、ロードバイクでポタリングを楽しむ際は目的地についてのリサーチも非常に重要になります。

例えば目的地にカフェや飲食店をコース設定している方は多いと思いますが、その目的地が食事の用意がなくてデザートのみの場合もあります。

その場合はどこかで補給箇所を設定しておかないと、ハンガーノックなどで走行を続けることが困難になってしまうばかりか、走行時に集中力が低下してしまったりと危険な場合もありますので注意が必要になります。


2.ポタリングを楽しむ為にはマナーを学ぼう

公道を走る際に是非とも身についていきたいのが手信号をはじめとしたロードバイク乗車中の車両や周囲のライダーとのコミュニケーション方法となります。

最低でも覚えておきたいのが減速や止まる際の合図と障害物を知らせるハンドサインと右左折の意思表示の方法です。

これらの方法をロードバイク初心者はしっかりと覚えた上で公道を走ることが、ポタリングを楽しく安全なものにしていく為には欠かせません。

また、これらの基本ルールを身につけることは様々なトレーニングに取り組む際にも関連していきます。


1.パンク対策も重要

ポタリングで長距離を走る際は何かとアクシデントに見舞われてしまうこともありますので、初心者は特にパンク修理の道具を携帯することなども忘れないようにする必要があります。

このようにロードバイク初心者の方がポタリングを楽しむ為には事前の準備をしっかりと行い、安全に配慮した計画を立ててから実走につなげていくことが非常に大切です。