ロードバイクでダイエットは消費カロリーも高くダイエットには効果的な運動といわれています。しかしロードバイクをこぐ距離や時間などが少ないと効果も少なくなってしまいます。

また電動自転車などもダイエット効果は一般のものよりも少ない傾向になります。

ロードバイクでダイエットの方法は簡単で通勤の時や気分転換などでロードバイクをこぐだけでダイエットになります。太ももの筋肉を刺激するので、脂肪燃焼効果も期待でき、ダイエットできます。


1.ロードバイクでダイエット?

無理な食事制限を続ける事が出来ずに我慢の限界に達してしまいドカ食いをしてしまったり、運動して痩せようとジムに通っても仕事で疲れてしまって行かなくなり結局年会費が無駄になったりダイエットの道は狭く厳しいのです。




そんなダイエットを諦めている人にオススメしたいのが自転車ダイエットです。自転車ダイエットは、必要なものが自転車だけですし、しかも移動手段として使えるので続けやすいことが特徴です。

歩くよりも身体の筋肉をよく使いますのでダイエット効果も期待できますし、日頃電車やバス、車で通勤している人が自転車で通勤するようになると通勤に使っていた交通費が浮くというメリットがあるのです。

ただ日頃の移動手段を自転車にするだけで腰や下腹、ふとももなどの筋肉を鍛える事が出来るので中高年に多い下半身太りが解消されるのです。


2.ダイエットのやり方

毎日ウォーキングを1時間する、毎日ランニングを1時間する、と考えると少し辛くなってしまいますね。でもウォーキングをするよりもランニングをするよりも自転車をこぐ方が消費カロリーは激しいのです。

もし雨の日や冬の日に乗れないと思っても、ローラーというものが売っています。外を走るよりダイエットに効果的です。


3.効果的な時間は?

自転車ダイエットなど運動することはどうしても疲れてしまうので少ししたら「今日は終わり!」と決めてしまいがちです。しかし自転車ダイエットの効果的な時間は20分頃からだと言われています。

有酸素運動といわれており、カロリーが消費されるのは、運動を始めてから20分以降だからです。自転車ダイエットの効果をより得られる時間は、時速20キロを30分ほど継続して漕ぐことです。

そうすることによってウォーキングを同じ時間した時よりも消費カロリーが多くなるでしょう。

時速を2倍、3倍などと自分の出来る範囲でスピードを上げていくとそれに比例するように消費カロリーも上がっていきます。


4.消費カロリーは?

自転車で、体重50キロの人が時速20キロくらいで60分漕ぐと、消費カロリーは約400キロカロリーになると言われています。

普段の通勤に自転車を取り入れると、往復2時間で約800キロカロリー、食べ物で言うならビーフカレーほどが消費できます。

体重を1キロ落とすために必要なカロリーは、約7000キロカロリーと言われているので、1日2時間程自転車を漕ぐと、9~10日ほどで1キロ体重を落とすことが出来ると計算できます。

厳しい食事制限をして体重をガクンと落とすことは、身体のエネルギーがなくなってしまい自律神経が乱れ、病気になりやすく治りにくくなってしまいますので1か月に約3キロは、身体的にも綺麗に痩せられる指数だと思います。

自転車ダイエットの魅力はなんと言って、景色を楽しめることです。ウォーキングやジョギングだと限られた場所しかいくことはできませんが、自転車だといつもはいかない場所や遠くまでいくことができます。

風景を楽しむ余裕ができれば楽なダイエットと感じるかもしれません。